たくさんアクセスがあったと思ったら自分のアクセスだった…というのはガッカリですよね。
そこでGoogle Analytics(Google アナリティクス)で自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。

ga01
1.グローバルメニューの「アナリティクス設定」クリックし、該当アカウントを選びます。
「すべてのフィルタ」に遷移します。

ga02
2.「新しいフィルタ」をクリックします

ga03
3.必要な情報を入力します。
1)フィルタ名を入力します
2)フィルタの種類で「既定のフィルタ」を選択
3)「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択
4)IPアドレスを記入します。自分のIPアドレスが分からない場合は
  IPアドレスチェックサービスなどで調べましょう。
5)フィルタを適用するビューを追加します。

「保存」ボタンを押すと設定したフィルタが適用されます。

この方法はIPが固定の場合には有効ですが、固定IPでない場合は
IPが変わるたびにフィルタを設定しなくてはなりませんので、注意が必要です。