Photoshop(フォトショップ)で手描きの線を簡単に抽出する方法をご紹介します。

1.手描きデータを用意する
2.手描きデータのコントラストを調節する
3.手描きデータの線を抽出する
4.線を抽出したデータを利用する

1.手描きデータを用意する

手描きのデータを用意します。
今回はコピー用紙に筆ペンで描いた絵と文字を携帯のカメラで映しました。
ps_01
スキャナをお持ちの場合は、スキャナを利用した方が綺麗にデータ化できますし
コントラストの調整も簡単に済みます。

ps_02
イメージ⇒モード⇒グレースケールを選択し、「グレースケールモード」にしておきます。

2.手描きデータのコントラストを調節する

イメージ⇒自動コントラスト で画像のコントラストを調整します。
ps_03

ps_04
画像が少し見やすくなりました。

ps_05
イメージ⇒色調補正⇒明るさ・コントラスト でさらに画像を調整します。
白い部分(紙の部分)にグレーが残らなくなるまで、明るさ・コントラストを調整しましょう。

ps_06
こちらが何度か明るさ・コントラストを調整した後の画像です。
白い部分(紙の部分)が「#ffffff」になりました。

3.手描きデータの線を抽出する

ps_07
レイヤーが「背景」になっているかと思いますので
このレイヤーをダブルクリックして「レイヤー0」などにしておきます。

ps_08
選択範囲⇒選択範囲を読み込む… をクリックします。

ps_09
この画面が出ますので「OK」をクリックします。

ps_10
白い部分(紙の部分)が選択された状態になりました。

ps_11
選択範囲⇒選択範囲を反転 をクリックして、塗りの部分を選択した状態にします。

新しくレイヤーを作成し、黒で選択範囲を塗りつぶします。
元のレイヤー(レイヤー0など)は捨てるか、非表示にします。

ps_13
これで、線の部分のみを抽出したデータが完成しました!

4.線を抽出したデータを利用する

線を抽出したデータを利用すると色々な事が出来ます。

ps_14
色を自由に塗ったり…

ps_15
背景に和紙をひいたりできます。

「自動選択ツール」や「色域指定」でも線を抽出する事は可能ですが
「選択範囲を読み込む」方法が一番きれいで簡単に、手描きの線を抽出する事が出来ます。