サイト改善・解析に欠かせないイベントトラッキング。
どのボタンがよりクリックされているのか?などABテストにもよく利用します。

Googleイベントトラッキングの基本

基本的には、取得したいイベントに対してGoogleイベントトラッキングタグを挿入します。
こんな感じで…

[html]

[/html]

_gaq.pushiからイベントトラッキングタグと呼ばれます。

挿入したタグの内容はGoogleAnalytics上このように表示されます

eventtrack

Googleイベントトラッキングを自動化

上記のタグは「イベントを取得したい」部分に1つずつ挿入しなくてはなりません。
取得したいイベントが複数ある場合、手でタグを挿入するのは一苦労です。

そこでJavaScriptを使ってイベントトラッキングを自動化してみます。

今回はこのようにイベントを定義しました

  • イベントカテゴリ:イベントが発生したページのURL
  • イベントアクション:遷移後のURL
  • イベントラベル:イベント発生位置

Step1:HTMLを書いてみる

まずはHTMLをこのように記入します。

[html]

[/html]

aタグのtitle属性にイベントラベル(イベント発生位置)を記入しました。

Step2:JavaScriptを書いてみる

次に、JavaScriptをこのように記載します。

[html]

[/html]

URLを挿入する時は注意!!

注意するべきなのはURLの扱い方です。

例えば、イベントカテゴリを取得する場合

[html]

[/html]

このようにURLを定義するとGoogle上認識されませんでした。

そこでURLを渡す場合にはひと手間を加えます。

[html]

[/html]

まずはURLを文字列として取得、その後取得した文字列に加工をしています。
GoogleAnalyticsを使った解析でも、長いURLを対象とするよりかはスッキリしていて集計がしやすくなります。

もうひと手間!

このJavaScriptを使った場合は、サイト上の全てのaタグが対象となります。

特定のリンクのみ対象にしたいといった場合はもうひと手間加えましょう!

[html]



[/html]

イベントを取得したいリンクに属性を追加します。
追加された属性(googleTag)があるときのみクリックイベントを取得するJavaScriptを記載しています。