ここまでのおさらい

XAMPP for Linuxのインストールまで完了
インストール後は/opt/lamppフォルダが作成されています。

参考:XAMPP for LINUXを初心者が導入してみた

XAMPPインストール後にやっておきたいこと

ここまで標準インストールが完了しています。
最低限インストール後にやっておきたいことは下記3つです。

  • セキュリティ設定を行うこと
  • ProFTPDを無効にすること
  • XAMPPの自動起動設定を行うこと

1.セキュリティ設定を行う

サーバーにログイン後、下記コマンドを実行しましょう。

$ /opt/lampp/lampp security

実行するとパスワード設定を聞かれます。
必要に応じてパスワードの設定を行いましょう

XAMPP: Quick security check…
XAMPP: Your XAMPP pages are NOT secured by a password.
XAMPP: Do you want to set a password? [yes]
XAMPP: Password:
XAMPP: Password (again):

XAMPP: Password protection active. Please use ‘xampp’ as user name!
XAMPP: MySQL is accessable via network.
XAMPP: Normaly that’s not recommended. Do you want me to turn it off? [yes] no
XAMPP: The MySQL/phpMyAdmin user pma has no password set!!!
XAMPP: Do you want to set a password? [yes]
XAMPP: Password:
XAMPP: Password (again):

XAMPP: Setting new MySQL pma password.
XAMPP: Setting phpMyAdmin’s pma password to the new one.
XAMPP: MySQL has no root passwort set!!!
XAMPP: Do you want to set a password? [yes]
XAMPP: Write the password somewhere down to make sure you won’t forget it!!!
XAMPP: Password:
XAMPP: Password (again):

XAMPP: Setting new MySQL root password.
XAMPP: Change phpMyAdmin’s authentication method.
XAMPP: The FTP password for user ‘daemon’ is still set to ‘xampp’.
XAMPP: (But you didn’t use ProFTPD so this is not critical.)
XAMPP: Do you want to change the password? [yes]
XAMPP: Password:
XAMPP: Password (again):

XAMPP: Reload ProFTPD…not running.
XAMPP: Done.

2.ProFTPDを無効にしよう

下記コマンドを実行します

/opt/lampp/lampp stopftp

3.XAMPPの自動起動設定を行おう

サーバー再起動時などに自動でXAMPPが起動するよう設定します。

$ cp /opt/lampp/lampp /etc/rc.d/init.d/
$ chkconfig –add lampp

これでLAMPPの起動、停止をサービス化することができます。

停止
service lampp stop

起動
service lampp start

ApacheのDocument Root設定を変更しよう

今後Wordpressを導入してWebサイトを制作予定です。
/opt/wwwrootというフォルダを作ってそこをDocument Rootとしようと思います。

まずはwwwrootというフォルダをopt配下に作成します。

$ cd /opt/
$ mkdir wwwroot

次にhttpd.confを書き換えます。
エンジニアっぽくviコマンドを使って書き換えましょう。

$ vi lampp/etc/httpd.conf

書き換える場所は1か所です。

DocumentRoot “/opt/lampp/htdocs
Directory “/opt/lampp/htdocs

このフォルダ指定をwwwrootに変更します。

DocumentRoot “/opt/wwwroot
Directory “/opt/wwwroot

SSLの設定ファイルも変更しましょう

vi /opt/lampp/etc/extra/httpd-ssl.conf

書き換える場所はこちらも1か所

DocumentRoot “/opt/lampp/htdocs

DocumentRoot “/opt/wwwroot

に書き換えましょう。

XAMPP再起動

ここまで設定が完了したらXAMPPは再起動しておきましょう

servive lampp stop
service lampp start

次回はMySQLのチューニングからWordpress導入までトライします!