ここまでのおさらい

XAMPP for Linuxのインストール、セキュリティとApacheの設定、
WordPress用データベース作成まで完了
XAMPPインストール後は/opt/lamppフォルダが作成されています。
Document Rootは/opt/wwwrootに設定済みです。

参考
XAMPP for LINUXを初心者が導入してみた
XAMPP for LINUXを初心者が導入してみた セキュリティ・Apache設定編
XAMPP for LINUXを初心者が導入してみた データベース編

WordPressをインストールしよう

なにはともあれ、Wordpressをダウンロードしてインストールまで実行しましょう。

$ cd /opt/wwwroot
$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.1-ja.zip(WordPress公式サイトよりDL)
$ unzip wordpress-4.1-ja.zip

インストーラーが走ってファイルが展開されます。少々待ちます。
展開が終わると/opt配下に/wwwrootと/wordpressフォルダが作成されています
Document Rootをwwwrootに設定したので、wordpressフォルダの名前を変更します。

$ rm -rf wwwroot
$ mv wordpress wwwroot

WordPress管理画面から設定を追加しよう

インストールまで完了したらWordpress管理画面を表示させることができます。
残念ながら画面キャプチャを撮っていなかった…

管理画面にアクセスします。URLはhttp://サーバーIP/wp-adminを指定します。

アクセスするとwp-config.phpファイルを作成するようメッセージが出るので、「設定ファイルを作成する」ボタンをクリックします。

まずはデータベースについての設定を行います。
データべース名、ユーザー名、パスワード、テーブル接頭辞を聞かれます。

XAMPP for LINUXを初心者が導入してみた データベース編で作成したDB情報を記載します。
テーブル接頭辞については任意でOKです。

次に、サイト情報を入力します。
サイトのタイトル、管理者ユーザー情報を入力します。
ユーザー名はデフォルトでadminと入っていますが、セキュリティ上adminというユーザー名はあまりよくないかと思います。

これでインストール・管理画面設定が完了しました

再度http://サーバーIP/wp-adminにアクセスしてログインまでできることを確認しましょう。

WordPress各種初期設定を行おう

WordPressを無事インストールできたら、コメントポリシーパーマリンクの設定を行います。

コメントポリシーは管理画面の設定‐ディスカッションを選択します。
「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外します。
※これはサイトによって設定が異なると思います。今回はコメント不可としました。

パーマリンク設定は同じく管理画面の設定‐パーマリンク設定から行います。
今回はパーマリンクをカスタム構造に設定し、/%category%/%postname%/とすることにしました。
この設定で変更を保存すると.htaccessにアクセスできないといったエラー文が表示されます。

また、ページ下部には.htaccessファイルに書き込むべき情報も記載してあります。
.htaccessファイルを作成し、サーバー上の/opt/wwwroot配下に配置します。
下記が.htaccessファイルの中身です。


RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

最後に、今後Wordpress管理画面上からプラグインのダウンロード、インストールができるように設定します。
/opt/wwwroot配下にwp-config.phpファイルがあります。
このファイルにdefine(‘FS_METHOD’, ‘direct’);と追記します。
/** Absolute path to the WordPress directory. */よりも上部に必ず記載してください。

ここまでで一通りのインストール・設定が完了しました!長い道のりですがなれると楽ちんなのかも?
まだまだ修行の日々です♪