こんにちは。まちいろのド・シロ~トです。
暦の上では春を迎えましたが、まだまだ寒いですね!

せっかくなので、寒い冬は雪山でウィンタースポーツを楽しんだり、
温泉地でのんびり雪見風呂なんて行きたくなりますよね。

電車やバスで旅行もいいのだけれど、
子連れだったり荷物が多かったりすると、出来れば車で行きたい。

けど、チェーンは巻きたくない。巻いたことないし巻き方わからない。

よーし!それならスタッドレスタイヤにするべし!

と思ったけれど、

スタッドレスタイヤってどこで買えるの?
それからどうやって今ついてるタイヤと交換すればいいの???

というわけで車のことは何にもわからない、車の素人がスタッドレスタイヤについて調べてみました。

スタッドレスタイヤとは?

megane

スタッドレスタイヤは、そもそも雪道や凍結道を走るために開発されたタイヤの一種です。
普通のタイヤより駆動力や制動力に優れているそうです。

要は雪道でも運転手の気持ちが伝わりやすいタイヤということでしょう。

スタッドレスタイヤを購入する場合

スタッドレスタイヤは、

   ・タイヤ屋
   ・カー用品屋
   ・ガソリンスタンド
   ・正規ディーラー
   ・整備工場

などで購入・取り付けができるほか、インターネットでも購入できるようです。

四輪買うと5万円程度かかるようです。一つ1万円強というところでしょうか。

取り付けは自分でやるか、もしくは持ち込みで?取り付けてもらえます。
その場合の費用は2000円程度のところが多いようです。

自分で取り付けるのは、車載工具で出来るそうですが、
不慣れな自分がやって走行中に外れたりするのを想像すると怖すぎます!!

そもそもあらかじめ車に車載工具が備え付けてあるということも
そういえばそんなことを教習所で習った気がする・・・。という程度でした。


外したタイヤの保管

購入した後、外したタイヤの保管はどうするのでしょう?

広い家に住んでいれば、保管に困ることもないでしょうが、
日本のお家事情ではなかなか保管場所を確保するのも難しいですよね。

その場合、タイヤの脱着と保管の両方をしてくれるところがあります。

脱着2回+保管料が2万円~3万円(年間)程度です。

しかし、購入してもタイヤは使っていくうちに劣化していくものだし、
年に1回使うかわからないもののためにこの値段を掛けるのは厳しい!

そんな人のために、スタッドレスタイヤをレンタルしてくれるお店もあります。


スタッドレスタイヤをレンタルする

ただし、レンタルできる店舗が限られています。
どこでもレンタルできるわけではありません。

目的地の道中にあるなら良いかもしれませんが、
そうではない場合はちょっと面倒ですよね。

そこで私のオススメは、ズバリ、「レンタカーを借りる!」です。

レンタカーを借りる

スタッドレスを付けなければいけない。という概念を取っ払い、他の車を利用するという考えです。

せっかく自分の車を持っているのに、レンタカーするなんてもったいない!
という概念さえ捨てれば、スタッドレスタイヤ付の車をレンタルすれば良いのです。

金額は1泊2日で1万5千円程度。
タイヤを購入するより断然安上がりです。

但し、最寄のレンタカー屋さんまで歩く必要あり。

レンタカー屋さんで自転車や自家用車を預かってくれるサービスがあるといいんですけどね。


安全に楽しみましょう

雪を楽しむ
国土交通省のホームページで
「スタッドレスタイヤは四輪全てに装着しましょう」という文章が出ていました。
国土交通省ホームページ

駆動輪にのみ装着すると雪道で曲がれない、止まれないなど危険な状態となることがあるそうです。

何事も楽しむにしても安全が第一です。

車間距離は十分取り、焦らずゆっくりブレーキ、ゆっくりアクセル、ゆっくりハンドルを心がけて運転して、安全に冬を楽しみましょう。