わたくし、11月末に婚姻届けを提出してまいりました。
まちいろ社内も少しざわつき、今やっと落ち着いてきたところです(笑)

結婚ってマジで大変。顔合わせやら結婚式やらもー考えることが沢山!!特に手続き関係がやたら大変だったので、まとめてみました。

前提

私は本籍が宮崎県、お相手は奈良県でした。
入籍前に同棲していて住民票は既に新住所にあります。それぞれが世帯主としているパターンで、1つの住所に2人の世帯主がいるパターンです。

結婚前にやったこと ~婚姻届提出前~

1.銀行の整理

ginkou

使っていない銀行口座って意外とあったりしませんか?
もう今後も使う見込みがなかったので、使っていない口座は全て解約しました。
結婚後、銀行に氏名変更の届けを提出する必要があるので、どうせもう使わないなら…!ということで思い切って解約しました。

大学の授業料振込用なんてのもあって、感慨深かったです。地方銀行口座を東京で解約するのは大変なので、帰省の際などに整理をしておきましょう。

銀行窓口は平日のみの営業で、とても込み合います。できれば仕事は半日お休みして臨むとよいと思います。


2.クレジットカードの解約

credit

銀行口座と同じく、使っていないクレジットカードは解約しました。
メインカード+1枚の2枚を残して、使っていないクレジットカードを解約しました。

クレジットカードも入籍後名義変更と銀行口座名変更を行わなければならず、かなり手間がかかります。

ショッピング系、家電量販店系のクレジットカードを持っていましたが、ここ3年利用していなかったので思い切りました。
電話にて解約を受け付けている会社、店舗に解約に行かなくてはならない会社など様々です。店舗での解約の場合は銀行口座整理の日と同日に行くと時間にムダがありません。

クレジットカードによっては家族カードも作成可能です。家族カードではポイントが共通化されるのでお得になる場合もあります。
情報を調べて整理しましょう。


3.戸籍謄本(抄本)の準備

婚姻届を提出する際に必要なものが身分証明書と印鑑、そして戸籍謄本です。
戸籍謄本は本籍地の役所窓口で申請、取得することができます。

私の場合、本籍地が宮崎県だったので父にお願いして役所窓口にてとってきてもらいました。
郵送や代理人の申請も可能ですが、収入印紙や委任状の準備などとにかくめんどくさそう… 親に甘えてしまうのがよいかと思います(笑)

戸籍謄本が必要なのか?戸籍謄本が必要なのか?は提出役所によって異なるようです。事前に調べて準備しましょう。
なお、東京都江東区では戸籍謄本の提出でOKでした。


4.婚姻届のチェック

konintodoke

最近はすごいもので某分厚い結婚雑誌には婚姻届がついています。
婚姻届は特に役所のフォーマットでなくても、好きなフォーマットを印刷して提出できるようで、ご当地婚姻届けやキャラクターものなんかもあるようです。

私共はとにかくめんどくさがりだったので某雑誌の婚姻届を利用して記入しました。
提出日を日曜日にしたかったので、事前に記入して平日、区役所にチェックだけお願いしに行きました。

事前にチェックをしておくことで、書類不備による呼び出しなんかもなく安心して提出できます。
平日に出す場合は事前チェックは必要ないと思いますが、土日祝日に婚姻届を提出する場合は必要だと思います。


5.会社への報告

houkoku

基本的には、1ヶ月前程度に会社に報告しておくことが会社規定などに記載されているようです。
まちいろも1か月前報告です。私の場合は、サプライズ報告にしたかったので人事・経理にのみ伝え、その他メンバーには内緒にしていました。

もちろん、一般的にはNGです。特に上司に対してはきちんと話をしておく必要があります。
まちいろはそのあたりがとても緩い…おおらかな会社なので、朝会議にてサプライズ報告をしかけました。(笑)


まとめ

同棲はせず、結婚のタイミングで転居する場合はこれに加えて引っ越しもあるので大変です。
私の場合は、1日まるっとお休みを頂いて、午前中に婚姻届のチェックを区役所で、午後に銀行口座の解約に、その後クレジットカードの解約に回りました。
なかなか仕事が休めない場合は、ちょこちょこお休みするよりかは1日だけお休みをもらって一気に手続きするのをおススメします。