いきなりテレビCMで見かけるようになった電力自由化。
各社電気を売り出す程度しかわからなかったので、この機会にいろいろ調べてみました。

電気がおうちに届くまで

まずは発電所で電気を作り、電力小売り会社が電力を売っています。
これとは別に電柱や鉄塔など電気を配るために必要なものを管理している送配電会社という会社があります。

現在、東京の場合だと発電所・電力小売会社・配送電会社すべてを東京電力で賄っています。

電力小売自由化では、発電所・電力小売会社が自由化となりました。
ということは、だれでも発電所を作ってよく、小売も誰でも行ってよいことになります。

電気料金は誰が決めている?

電力会社が原料、人件費、送配電コストなどから総コストを算出します。
総コストに利益をのせて価格を決めています。

さらに、電力会社が決めた価格について国に申請し、「その価格は妥当なのか?」をチェックされます。
国が許可した価格で私たちは電力を買って使っているのです。

電力自由化とは?

free_energy01

正確には 「電力小売自由化」 です。
2016年4月に法律の改正により、電力の小売りが全面自由化されるということです。

小売会社には携帯電話各社が大々的に広告を出しています。
小売会社には、「自社で発電・小売を行う」会社と「他社で発電した電気を売る」会社の2つに分かれます。

現在の送配電線は変わらず利用できるので、初期費用もかからず自由に電力会社を選ぶことができます。

電気代は上がる?下がる?

いままでの独占市場から、自由競争市場に代わるので各社様々な価格で電気を販売します。
ライフスタイルにあった料金プランや、携帯・ガスなどとのセット割など選択肢が大きく広がります。

東京電力・中部電力・関西電力など既存の電力会社も様々なサービスやプランを準備しています。

また、発電方法も自由に選ぶことができます。
環境に配慮した自然エネルギー・グリーンエネルギー発電をしている会社から電力を購入することもできます。

突然の値上がり、停電はあり得る?

free_energy02

規模の小さい会社と契約すると停電する、海外で電力自由化後に停電が増えたらしい…など電力自由化に対する不安はたくさんあります。

小売会社を変えたところろで、新しい電線が引かれてくるわけではありません。
配電には常時バックアップという仕組みがあり、十分な電力が供給できない場合は東京電力や関西電力など大手電力会社が肩代わりしてくれるという仕組みです。

小売会社が変わっても、この仕組みのおかげで停電なく使うことができます。
もちろん震災・台風などの天災の際でも復旧は今まで通り行えます。

価格の上下については、契約次第となります。
例えば、トラブル時は別途、価格見直しは1ヶ月のみ、初期3ヶ月は割引、その後通常料金など様々な契約となります。
契約書はしっかり読んで契約しましょう。

結局何をどう選べばいいの?

電力小売は1月から予約契約が始まっています。
特に目に付くのはガス会社、携帯会社でしょうか?

まずは販売地域から見る必要があります。東京都と九州では小売できる会社も異なります。

その後、プランを選定、契約となるのですがとにかくめんどくさい!

そんな方は郵便番号と利用頻度を入力して、おススメ会社・プランを出してくれるサービスを利用してみては?

・ 電力比較サイト エネチェンジ

・ 価格.com 電気料金比較

各社資料請求もあるようなので、まずは資料請求してじっくり吟味しましょう。
今契約会社を変えずに使っても、現在の電力会社からの配電はあるのでご安心ください。