03-5957-0950 info[at]machiiro.jp

CTOメッセージ

Back Home

まちいろでは、仕事の上で大切にしている5つの行動理念があります。

 

1. ユーザー視点に立つ

デザインやマーケティング、機能開発1つを取っても、
何かを作る上で正解が否か判断が難しいケースにぶつかることがあります。
そこで、人から言われたことやリクエストの断片をそのまま鵜呑みにして仕事を進めてしまうと、
本来実現したかったことから遠ざかってしまうことがあります。

  • その仕事は何のためにするのか?
  • このサービスで実現したいことは何なのか?
  • この機能は何のために必要なのか?

自分自身で常に物事の本質を考えることが、ユーザー視点に立つことに繋がると考えています。

2. 仕事の情報・プロセス・成果をオープンにする

自分だけで情報を抱え込まずオープンにしていくことで、コミュニケーションがスムーズになり、
また属人性の排除=組織内の流動性向上に繋がります。
この “オープンにする” というところが、全ての仕事に常に含まれていると考えています。

また、アウトプットをすること自体が自身の成長にも繋がっていきます。

3. 個人ではなくチームのために動く

チーム全体が必要以上に個人の嗜好・感情に振り回される状況は、組織として好ましくありません。
各自の個性は活かしつつ、全員がチームのことを考え、理解し、
チームのために行動することで、チームワークを最大化させられるはずです。

4. 現状を客観視する

仕事を続けていると

  • 今までこうやってきたから
  • こう教えられたから

と、深く考えず思考を停止してしまうことがあります。

Web 業界はトレンドの変化が激しく、常に新しい情報をキャッチアップし、
技術と同様に組織も進化していく必要があります。
現在の常識が数年後では非常識になっていることもあるはずです。

現状のままで良いのか、他の良い方法はないのか、と常に現状を客観視し、改善に繋げていくよう努めます。

5. 論ずるより手を動かす

まちいろはWEBサービスデベロッパーを事業コンセプトとして掲げています。
Webサービスを開発する上で当然技術に関する知識が必要になりますが、
重要なのは実際にモノを作ることができるか、課題を解決することができるか、です。

どこかでかじった知識で知ったかぶって終わるのではなく、
実際に自分で手を動かして血肉に変えていくことが重要だと考えています。

 

これらはエンジニアだけでなくメンバー全員に共有されているものです。
自分自身の過去の経験からの反省・戒めでもあり、常に心がけていることでもあります。

昨今のクラウド技術の進歩により、少人数であっても
クオリティの高いサービス、ユーザーをワクワクさせるサービスを生み出せるチャンスがあると考えています。
まちいろでは5つの行動理念を常に心がけながら、ビジョンを現実にすべく邁進していきます。

 

株式会社まちいろ 取締役CTO 工藤 真