03-5957-0950 info[at]machiiro.jp

代表メッセージ

Back Home

2011年3月。東日本大震災がきっかけで、父の会社が大きく傾きました。

当時私は株式会社エイトレッドのプロダクト開発マネージャとして、ワークフローパッケージの製品開発を行っておりました。
最高の開発メンバーとともに、世界に通用するプロダクトに成長させるという夢を持って仕事に打ち込んでいました。
それまで父の会社を継ぐつもりはありませんでしたが、
人生一度位は親孝行しようという気持ちから、エイトレッドでの製品開発の夢を諦め、父の会社を継ぐことにしました。

継いだ会社は、田舎町にある40名ほどの零細企業。
地元社員を中心とする地域に根ざした会社でした。
経理面は火の車ながら、働く社員のモチベーションは高く、地域の行政・病院・他企業とのつながりが深い優しい風土の会社でした。

スピード重視のIT企業では感じた事がない人間らしい商売と、人間らしい触れ合いがある職場で、ランチでは食堂で手作りうどんを楽しむ家族的会社でした。

小さな会社ながらも、社長として、沢山のことを学ぶことができました。
経営面での苦労が耐えなかったことも今思えば貴重な経験値になったと思います。

倒産危機を乗り越える過程で、私の得意分野であるシステム開発部門を新設し、積極的に仕事を請けました。
震災前より売上は減りましたが、利益がきちんと出せる会社に戻り、地元地域ではそこそこ名の知れる会社になりました。

倒産の危機を乗り越えた頃、会社を父に戻すことにし、
システム開発部門を分社化させる形で、2013年7月1日、株式会社まちいろを起業しました。

IT企業で技術を学び、社長として地域密着型の社会性ある事業経験をすることができました。
両方の経験を活かして、まちいろでは、技術・人間性・社会性をバランスよく大切にしたソーシャルグッドカンパニーを目指しています。

まちいろで実現したいことが3つあります。

1. 社会に役立つサービス、プロダクトを作り続けること
2. 人が人らしく働ける会社、個性を活かした働き方ができる会社にすること
3. 日本にそんな会社や地域が増えて、人間性・社会性を大切にした文化が根付くこと

技術者としての夢を追いつつ、社会に役立つ会社を目指したい。
でも、理想だけでビジネスは成り立たないし、世の中に認められるサービスを作ることも簡単ではありません。
簡単でないからこそ、新会社を作って、想いを共感できるメンバーと力を合わせながら、人生の使命として実現したかったことです。

チームとしてサービスを生み出す過程では、関わるメンバーの大きな苦労とその先の感動があります。そしてそのサービスが世の中に役立つことで社員の自信と成長につながります。

まちいろメンバーが社会を良くする主人公となり、さらにその次の良いサービスを生みだしてくれる好循環が生まれる。
最高のチームワークで、社会のために会社を成長させ、お客様や社会のお役に立てる会社づくりを全身全霊込めて邁進していきます。

株式会社まちいろ 代表取締役 蓮田 健一